TOPページ > 足の手入れについて

足の手入れについて

毎日、足の手入れをする

お風呂には毎日入っていると思います。
きちんと体は洗っていても、実は足については意外ときれいに洗えていないことが多いのです。

足は、1日につきコップ1杯程度の汗をかく、といわれています。
足は、体の中でも特に汚れやすい場所で、しかも刺激を受けやすく、十分手入れをしていないと問題が起きます。

普段、ちゃんと洗っている手と同じように、もしくは手よりも手入れをしっかりと行うことが重要です。
そして、毎日足の手入れをする、ということは、足の問題に気がつきやすくなる、というメリットもあります。

足を手入れするときのポイントは、まず清潔であること。
そして、乾燥、さらに保湿になります。

洗うときに特に重要なのは、足の指と指の間、足の裏側の指の付け根、さらに指と爪の間については、キレイにすることを意識して洗わないと、汚れや汗などを残してしまいがちになります。
丁寧に、石鹸の泡で包み込むようにして洗いましょう。
また、指と指との間は、手の指を差し込み、1本ずつ洗うようにします。
それから指と爪の間は、足専用のブラシがあるのでそれを使うか、使わなくなった歯ブラシで洗ってもいいです。
そして、足の裏はしわを伸ばしながら洗ってください。

洗い終わったら、指と指との間に石鹸が残ってしまわないよう、1本ずつ、ちゃんと洗い流しましょう。
それから、水分をしっかりとふき取ることも大切です。
最後に、足がまだしっとりしている間にクリームか保湿ローションなどを塗っておきましょう。
さらに、靴下をはくと、保湿効果を高めることができます。

角質ケア

足は、汗をかきやすいのに、乾燥もしやすい場所。
また、かかとの部分はいちばん角質層が厚くて、靴などによって刺激を受けてしまいやすいです。
サンダル、ミュールなど、素足が基本のものでは特に乾燥しやすくなり、足のガサガサがさらに悪くなっていきます。
厚くなってしまった角質をそのままにしておくと、最悪の場合、ひび割れを起こしてしまい、出血することもあります。
そのため、厚くなった角質については、たまに削って、スベスベにすることが必要です。
ですが、無理に角質を削りすぎてしまうと、皮膚を傷めてしまいます。
さらに、防御反応がでてしまい、さらに角質化が進んでしまいやすくなります。
角質のケアをする頻度は、一週間に2回から3回程度で十分です。

基本的に、角質はやすり、または軽石で削りますが、足がぬれているときに削ってしまうと、どれだけ削ったのか、という実感がなくて、削りすぎてしまうことが多くなるので、入浴後など、角質がやわらかくなった後、よく乾燥させてからやさしく削るようにします。
やすりの場合、粗い面と細かい面のある、両面タイプのものをつかうといいです。
足の裏やつま先をさわって、皮膚がかたくなっている場所を見つけて、まずはやすりの粗い面を使ってこすります。
このとき、削り過ぎないように、力をいれず、一定の方向に動かすようにします。
仕上げに、やすりの細かい面を使って軽くさっとこすりましょう。

角質を削った後には、ぬるま湯を使って洗います。
そのあとクリームなどをべたつく感じがあるくらいまで使って、塗りながらマッサージも同時に行います。
その後は、靴下を履くとよいでしょう。

ただ、角質のケアをしても、皮膚のガサガサが改善しないときには、角質が増殖するタイプの水虫、という可能性もあります。
このときには、皮膚科に相談をすることをすすめます。


Copyright (c) 足美人になるために